毛穴と皮脂の関係

毛穴の黒ずみや白いプツプツ、ざらざらした肌触りなどの原因となるのが角栓です。 そして、この角栓を作り出す原因となっているのが皮脂ですし、皮脂によって毛穴が開いたりたるんだりするというのもよく知られていることです。 だからこそ、毎日の洗顔でしっかり皮脂を落としたり、頻繁にピーリングをして皮脂が毛穴に溜まらないようにしているという方も多いでしょう。 毛穴ケアと皮脂を取り除くことをイコールと思っている方も少なくないようですが、実はこれが皮脂の過剰分泌を招いてしまい、余計に毛穴トラブルを引き起こす原因となっているかもしれません。


皮脂は、角栓を作ったりたるみを引き起こすだけではなく、肌のべたつきやニキビなどの原因となる悪者と言うイメージが強いかもしれません。 ですがもともとは、肌のうるおいを保つために分泌されているもので、皮脂が分泌されるからこそ皮脂膜という天然の保湿クリームを作って肌を守ることが出来るのです。 それならしっかり基礎化粧品で保湿をしているから大丈夫、と思うかもしれませんが、体に備わっている機能以上の効果を持つ基礎化粧品はありません。 皮脂は肌にもっとも近い成分で刺激を与えることなく保湿をするのですから、皮脂を落とし過ぎるということは、その機能を奪ってしまっているということなのです。


そうなると、肌は機能を取り戻すために皮脂をどんどん分泌しますが、量をコントロールする機能が狂ってしまうために過剰に分泌されてしまいます。 毛穴ケアを頑張りすぎると、結果的に毛穴トラブルが起きてしまうので、皮脂は取り過ぎないようにするということがケアの重要なポイントとも言えるのです。

 毛穴をキレイにする洗顔特集TOPへ戻る