毛穴をキレイにする角栓の取り方

角栓の取り方は、クレイなどを使った洗顔、毛穴パック、ピーリング、ピンセットで抜く、指で押し出すなどいろいろな方法があります。 どの方法が毛穴を綺麗にできるのか、というのが一番気になるところですが、これには実は正解というものがありません。 イメージ的に、ピンセットで抜いたり指で押し出すというのは、ダメージが大きいので良くないと思う方も多いでしょう。 ですが、角栓の状態によってはこれらの方法でも問題なく、毛穴を綺麗にすることもできるのです。 要は角栓の状態に合っていなかったり、正しいやり方をしないというのが、毛穴へのダメージになりトラブルが起きる原因となってしまうので、まずは角栓の状態を確認しましょう。


角栓が白っぽくて毛穴に柔軟性がある状態であれば、指の腹を使って、優しく押し出すという方法でも大丈夫です。 この状態だったら、蒸しタオルなどで毛穴を緩めてからクレイ洗顔をするのも有効です。 角栓が盛り上がって今にも取れそうなら、細くて柔らかい洗顔ブラシを使って洗顔したり、ピンセットで周りの皮膚を傷めないように取り除く方法がいいでしょう。 黒ずんで毛穴に詰まっている場合は、1ヶ月に1回毛穴パックをしたりピーリングをして、毎日のケアは洗顔料などで行うのが効果的です。


ただ、取り方も大事ですが、その後のケアも重要です。 せっかく正しい角栓の取り方を実践しても、美容成分が足りなくて肌がしぼんでいると毛穴もたるんでしまいます。 ですので、スキンケアではセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸など肌のハリと弾力、うるおいを保つ成分をしっかり補給することで、角栓が出来にくい環境を作ることができます。

 毛穴をキレイにする洗顔特集TOPへ戻る