化粧品と界面活性剤の関係

界面活性剤といえば、洗浄・発泡などの作用がある成分で、クレンジング・化粧品・シャンプーなどに使用されています。 皆さんも良く目にする成分名なのではないでしょうか。

界面活性剤はあまり人体に良くないとされ、不使用の商品も多く販売されていますが、この成分が配合されていないだけで汚れ・メイクをしっかり落とせなくなるなど様々な良い効果も半減させてしまうこともあるので、使用にはバランスが肝心とされています。 バランスよく使うことでより良いお肌の環境を手に入れられるというわけなんですね。

では、女性の多くが悩まされている毛穴と界面活性剤の間に、なにか関係はあるのでしょうか? 毛穴トラブルを引き起こしてしまう原因の多くが皮脂の過剰除去と言われています。

この原因に界面活性剤が関係してきます。

界面活性剤使用の洗顔料やクレンジングを使用することで、洗浄力が高い為に必要な分の皮脂まで除去してしまうようなスキンケアをしていると、皮脂分泌が異常に活性化してしまいます。 過剰にでてしまった皮脂は、古い角質や汚れなどと混ざり毛穴の角栓になってしまうんですね。 こうして毛穴トラブルや黒ずみになってしまうと言うわけです。

なのでお肌の皮脂分泌が多いと感じた場合、界面活性剤使用の洗顔料やクレンジングを使用するなら不使用のものと交互に使うと良いかもしれません。

また、洗顔・クレンジング以外の化粧品に界面活性剤を配合した場合、使用感アップ・浸透性アップの効果が生まれます。 この効果のおかげで、洗顔後の毛穴やお肌にしっかり保湿や美容成分を浸透させることが出きるというわけです。 化粧水などの化粧品に使用される界面活性剤は、ごくわずかでお肌に害を与えない程度とされていますので使用に問題はないとされていますので、安心して使えますよ。

悪いことばかりでもないのが界面活性剤の持ち味です。あくまで自分の肌質や使っている化粧品とのバランスを考えて使うことが最適な界面活性剤の活用法であると言えますね☆彡

 毛穴をキレイにする洗顔特集TOPへ戻る